海外旅行で便利なカード

ここ数年、中国からの観光客が増えてきていますが、日本から中国に観光へ行く方も増えています。海外旅行の際に必要なものとして、あった便利なのがクレジットカードですね。というか、今は海外旅行にクレジットカードは必須品と言ってもいいと思います。

 

では、中国に言った場合、クレジットカードの利用は問題なく出来るのか?中国のカード事情について調べてみました。行ったものの、クレジットカードがあまり使えなかったでは意味がないですからね。

 

中国のカード事情
中国は、ここ数年でカードが使用できる場所が確実に増えました。繁華街の店にはカードのアクセプタンスマークが貼ってあるところも増え、中国人たちもキャッシュレスでお買物する方が増えてきています。

 

中国の観光ガイドに「以前と比べるとだいぶカードが使えるようになったね」と尋ねたところ、「沿海部の都市ではだいたい使えるようになった。ただ、ビザ・マスターよりも、銀聯カードが主流だけどね。」と返答されました。

 

銀聯カードとは

日本人には馴染みのない言葉ですが、中国では最もメジャーなカードの一つです。主に中国で発行されているデビットカード。預金の範囲内で、ATMでの現金の引き出しや加盟店での決済に利用できる。中国ではクレジットカードの普及が遅れ、高額紙幣もないため、現金に代わる支払手段として普及しています。

 

銀聯カードは実はクレジットカードではなく、デビットカードとなっています。(※デビットカード…金融機関で発行されたキャッシュカードで、お買い物やお食事代のお支払いに そのままご利用できるサービスの名称。クレジットカードとの違いは、口座から即座に代金を引落す「即時決済型」)

 

中国の銀行が発行するキャッシュカードに銀聯ブランドが付き、デビットカードとして買い物が出来るようになっています。なので、銀聯カードはクレジットカードとは全く別のものとなっています。ただ、中国ではクレジットカードもデビットカードも同じような感覚で利用されているみたいですね。

 

では、日本から観光に行った場合はちょっと困りますよね。日本で銀聯カードを持っている方なんてほとんどいませんし。ビザ・マスターカードが利用できるお店も増えてきているみたいなんですが、日本やアメリカなどの国と比べたら、利用できるお店は少ないと思います。

 

すなわち、中国に行く場合は出来るだけ現金を所持していた方がいいのかと思います。海外旅行に現金を持って行くのはちょっと不安かもしれないですが、万が一カードが使えなかったらと考えたら、多めに現金を持っていた方が安心です。

 

どうしても現金を少なめにしたいといった場合は、アコムのマスターカードを作ったらいいかもしれないですね。アコムマスターカードはクレジット機能も付いていますし、海外でのキャッシング利用も可能となっています。

 

万が一という時にあると便利だと思いますよ。

 

詳しくはこちらを参考にしてみて下さい⇒【すぐにお金を借りるなら